免許更新を持ち込み写真でしてみた

なんと写真の持ち込みオッケー!

運転免許証更新のお知らせはがきを見ていたら、なんと「持込み写真による免許証の更新も可能(試験場のみ)」という記載が。これは歴史的な変化だ!もう試験場で撮られた不細工な写真にげんなりすることも、爆笑することもなくなる。最高に写りの良い写真を持って、ルンルンで試験場に。

 

「この写真は本当にあなたなんですかっ?!」と、顔と写真をジロジロ見比べながら、どのタイミングで突っ込まれるのかヒヤヒヤして待ってた。けど難なく新免許証を獲得。うれしすぎる。写真持込みでも更新料金は同じですけどいいですか?と聞かれたが、そんなことはどうでもいい!!むしろ今まではお金を払ってでも持込みしたかったわ。貴重な儲けのチャンスを棒に振ったわね、警視庁。

 

持込む写真には規定があるので、ホームページで確認するか、試験場に問合せよとの記載アリ。

 

昔々の免許証は木製

 試験場に学校の廊下にあるような古びたガラスケースがあったの。何が入っているのかと思って覗いてみたら、免許証の歴史ということで、歴代の免許証が展示されていた。一番最初のは、木製で手のひらサイズくらいの通行手形のようなものだったのね。

 

現在の免許証と同じカード式になったのは昭和40年代後半のものだったわ。ソレより前の物は、カード化される前の健康保険証のように紙を二つ折りにしたもの。こんなに色々と便利な世の中なのに、お役所が発行する物って、最後まで不便なものだわね。

 

免許証が現在のクレジットカードと同じサイズになったのだって、平成6年くらいから徐々に変わっていったみたいだし。そういえば私も最初に免許を取った時はひとまわり大きかったような。

 

古い免許は、処分。

私は古い免許証は少し楽しんでから破棄してしまう。数年前からのメイクや髪型の変わり様に爆笑するっていう使い方があるから、3ヶ月くらいは持ち歩いて友達に見せて、十分に楽しんだら終了。それ以上取って置いても、まず見る事はないから切って捨てちゃう。

 

鮫洲の桜はすごいぞー

鮫洲へは京急で行ったの。先頭車両に乗っていて、ある駅でドアが開いたら、道路の向こうにピンクの雲がふわふわふわ〜って漂っていて。なんて綺麗なんだろう、ここは何処の駅?なんてうっとり眺めていたら、ココが鮫洲じゃん!降り損ねるところだったわ。春って怖いわね〜。

 

きっと昔はあの丘の上の公園の下までが海岸線だったのかな〜なんて思いながら、免許更新が終わってから桜を見に公園まで行ってみた。

 

暇だったのよ〜ははは

 

f:id:katadukeruhito:20130401141057j:plain