前に進まない平泳ぎ

東京、梅雨が明けて久しぶりに…暑い

(; ̄ェ ̄)
 
ジムのプールで溺れているようなクロールと平泳ぎでヨタヨタ泳いできた。練習用の端っこのコースは私の他に70代と思われる女性達がもくもくと練習している。
 
私がヘトヘトで休んでると、あなた若いんだからほらほら頑張りなさーい、と、はっぱをかけられた。笑
 
皆さんスピードはゆっくりでも、毎日コツコツと本数を決めて泳いでいるそうで。
 
水泳は子供の頃から超苦手だけど、スイスイ泳げる人に憧れているので、今年は泳ぐことにしました。外は暑くてウォーキングなんてできないし。ジムエリアも汗かいてベタベタするのが嫌だし。やっぱ水泳だよね!と、昔の自分が聞いたらズッコケそうな意欲だよ。体育の授業サボってたのに。あなた月に何回生理がくるのさ?とね・・・。
 
ジムのプールから、神宮の花火が見えたわー。綺麗だった。
 
やる気のあるうちにということで平泳ぎの初心者レッスンを受けているんだけど、私が今まで平泳ぎと信じて実践してたのは、カエル泳ぎだということが判明。先生の教えてくれることをやろうとすればするほど、混迷。
 
あまりのわけわからなさに、しまいには身動きが取れなくなって、ぼさーっと浮かんだままで笑いがこみ上げてきた (;^_^A
 
は〜〜〜練習するしかねぇっぺな。