【映画】365日のシンプルライフ

渋谷でみてきた。

映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイト

 

音楽、よかった。文字通りの裸一貫で真冬のフィンランドを激走する姿は笑えた。新聞紙が重要ってことは世界共通認識なんだな。

 

ストーリーは、彼女にふられたことをきっかけに、26歳のフィンランド人男性が、家中の全ての物をレンタル倉庫に預けて、365日かけて毎日1個だけ物を倉庫から出しながら物と向き合うというもの。

 

実際に生活になくてはならないものは、○○○個だった、というエンディングが用意されていたけど、確かにそれくらいかなあと私も思う。

私も2年くらい前に、自分がどれだけのアイテムを持っているのか、家中の物を数えてリストを作ったんだけど、その時はたしか1000個くらいはあったような・・・うろ覚え。箸1膳を1個とカウントしていくと、意外と1000個なんてあっという間に到達する。すごく暗くて地味な作業だったわ。

 

その頃よりは今の方がかなり物が少なくなった私の家。また今度、数えてみようかな。全然使わないけど、生活を楽しくするためだけの物も結構ある。それはそれであった方がもちろん良い。

 

今の趣味は水泳ってことで、水着とゴーグルとキャップという3つの物が増えただけで済んでいるけど、趣味によっては物がやたら必要な物もあるので、趣味選びは難儀だ。

 

前にもブログに書いたけど、どんだけ究極に物がないところで生活できるかを書いたこの本は、超おすすめ。読むと最初は笑っていられても、だんだん戦慄が走るよ。。。私はここまではできません。

 

もたない男

もたない男

 

 

そういえば、先日ちょちょいとキッチンまわりをかたづけて、あっという間に綺麗になった家の方から電話がありました。次回へ向けての準備の話と、質問等いただいて。

「食事の準備と後片付けに使えるスペースが広くなって、信じられない程に快適なのよっ!本当に感謝感激・雨あられだわ!」と、これまたお姉様は大層お喜びでありました。お褒めいただき恐縮です・・・。これからも頑張ります。

 

そして 本日の練習内容。30分 筋トレ、30分 ちゃりんここぎ、30分 平泳ぎドリル、30分 平泳ぎスイム。友達から「何を目指してるの?」って言われた。

 

目指しているのは、華奢な体型、そして、綺麗に泳げるひとになる、ことです。