落語家のビジネス書

ある時期から落語にはまりかけ、何人かお気に入りの落語家の独演会など通っていたのですが、二つの趣味のかけもちができず、水泳にどハマり以来、足が完全に遠のいている。なんとなく行きたいな〜と思いつつも、やっぱ練習いこっと足が向かうのはプール。

そんな感じでここのところを過ごしていたら、私が落語に行くきっかけになった落語家の立川志の春さんの本が2冊でてました。

 

「まくら〜」は書店では見つからず、あきらめてAmazonで購入。その教訓を活かし、最新刊ははなから書店にはいかずAmazonで購入。そうしたらば、この最新刊は啓文堂のビジネス書コーナーで、目線の高さの棚に面だしで陳列されておりました。帯のイラストで「ガハハ!」と笑うオジサンの効果で、これは売れるかもしれないと書店に思われたのですかねえ。 

両方読むと内容の一部が被ってましたけど、どちらも落語きいたことないわーという方が読んでも楽しいかと。落語を何度か生で聴気に行くようになった頃、間の取り方や話の振り方が普段にも役に立ちそうだなと思ったことがあったな。

 

 

自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~

自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~