森のビアガーデンでせっせと婚活

水泳の練習拠点にしているフィットネスクラブの女性会員ばかり8名で、神宮外苑の森のビアガーデンへ。

スタート17時という早さ、みんな仕事は?と思ったら、30代〜40代は3名で、他5名は60〜70代という集い。もう少しで後期高齢者入り。ちょうど私の父母と同い年のお姉様方で、みなさん元気でおしゃれ…声でかい。お仕事してる方もいる。

水泳はしつつも、それぞれに肩が痛いとかあちこちガタは来ているらしいが、そりゃ60年以上生きてたらどこかしら痛いよね。

話題は水泳からはじまり、戦時中の疎開先の新潟駅前で振る舞われた巨大な白メシおにぎり、子供や夫の話……と尽きない。

亭主のことはきっちり教育済みらしく、お互い楽しくばらばらに時間を過ごす環境整備が整っているので、遊びに行く時は夕飯を作りに帰る必要なし。

でも彼女たちの若妻から子育て終了期までは、昭和な夫婦生活ゆえ、妻が骨折してようが具合が悪かろうが、俺のメシは?と平然と言ってくる旦那さんが多かったようで、今がとても自由で楽しい様子。妻・お母さんは病気しないものだと家族の男たちから思われていたらしい。サイボーグだって故障するわ!

最高に笑えたのは、妻が寝込んでいたところに帰宅した夫が、おきまりのオレノメシハ?を発動。メシが無いのが分かると、寿司屋に出前の電話をかけて彼の分だけ注文…妻はその時はじめて殺意というものを覚えたそうな。

そんな彼女らのジュニアがちょうど私世代で、独身者も残っているようで。アナタうちにお嫁に来て欲しいわ!と、会って5分で言われたので、いざとなったらお願いしよう。すでにいざ!なタイミングな気もするけど。

でもその息子さんは、母の心配をよそに周りの大人がなんでもやってあげて育ててしまい、家事ができないらしいので…それを旦那にすると大変なのは目に見えている。私、家事は手抜きもいいところなので、何もできない人は困るわ。それか手抜きの家事を手抜きと気づかない程、ぼやーっとした男なら良いのか?

全ては妄想段階だけど、こうして息子の知らないところでいまどきの婚活は進んでいくのだな。

うちの親も私の結婚を望んでいるけど、親は自分達がこの世からいなくなった後に、子供がひとりっきりになったら生きていけるのか?誰か一緒にいて欲しい。と、心配してくれているのね。

f:id:katadukeruhito:20150529072040j:image

神宮外苑  森のビアガーデン
今なら蚊も少なく暑すぎず気持ちいい