人のことを気にかけるのは向いてないと知った日

たまに、ふと気になって数カ月にわたって片づけ継続中のお客さんに、その後どーなりました?とか、次アレコレしましょうか?とかメールを入れることがあるのですが、、、全くもって無駄な行為だと本日夕刻にワカリマシタ。

私のお客さんは、意思が強いというのか意見がハッキリしている方が多いようで、一見迷っていたりするように見えても、実は腹の底では結論出してるんだなと知りました。ということで、これからは完全放置にします。もちろん何か聞かれたりすれば対応します。

こちらから心配とか気にかけたりするのが無用な付き合いやすい方ばかりなのだ!とありがたく解釈。

サービス業だしそういうのも大事かな?と思っていたけど、向こうが求めていないなら、そんな気遣いは迷惑だろうし。放置でもよろこばれるなら、私はそうとう気楽。


そういえば、知り合いなどから、なんでこの仕事始めようと思ったの?と聞かれることも多いのですが、大抵こう答えます。

「片づけが一番なにも考えずにラクにできることだから〜」

でもこの答えは相手には物足りないようで。もっとたいそうな理由……使命感を感じてとか、片づけの素晴らしさを伝えたくてとか、過去の片づけられなかった苦労話を期待してたのかも……そんなの全くなくてゴメンなさいよ。

片づけの素晴らしさは私が語らなくても、お客さんの方がよほど身をもって知っている。

そもそも使命感のなさを分かってる時点で「放置」が合ってると気づけば良かったわ。心配性で気が小さい……と自分で思ってて、たまにそこが誤作動を起こすのかも。これからはそっと心の中で皆さんのことを気にすることにします……はあと。

2015年も半分終わろうというタイミングで良い発見でした。

後半、まず7月は水泳開始1周年を記念して、益々の練習内容の質の改善と、個人メドレー完成に向けてバタフライにもっと真剣に取り組むぞ!

ということで、
皆さんも楽しく片づけしましょう( ´ ▽ ` )ノ
ワクワク