衣替えの時に去年の服を見直そう

急に涼しくなりましたね。
そろそろ衣替えの時期なんですよ。
9/1はもうすぐそこです。

台風が去ればもう一度暑さがぶり返すのかもしれないけど、この天気だと羽織りものに少し厚手のもって出かけたいくらい肌寒い。

衣替えをする人にとっては、夏物と秋冬物がごっちゃに入り乱れたり、出しっぱなしで次第に混在し始める時期。

私としては衣替えの必要のない収納方法がおすすめだけど、収納スペースの都合でやらざるをえない方は、秋冬物を出しながら本当に全部着るかどうか考えてみて。

去年の冬の終わりはまだ着るつもりだったけど、体型や心境や身の回りの環境の変化で趣向が変わった人は、処分するのがもったいないという気持ちとは一旦距離を置いて、今年の秋冬をどんなふうに過ごすことになりそうかイメージしてみよう。

それを考えたときに、去年愛用の服が今年も活躍するのか、新しいものと入れ替えになるのか浮かんでくる。

ものを大事にするのはいい事だけど、もったいない気持ちが大きすぎて新しいものの入ってくる余地をつぶしてしまってたら、それこそもったいない。

服は毎日を気持ちよく過ごすための大事なツールなので、頻繁に着る服に埋もれて持ってることを忘れてしまうのはさけたいですよね。

広げてみてもピンとこないなら、鏡の前で片っ端から着た姿をチェックすればすぐ判断できますよ。お試しあれ。