水泳日記:世田谷区水泳大会、幻の金メダル

昨日9/6、世田谷区の水泳大会。

この大会は50mプールで行われ、種目も50m以上です。50mプールのことを長水路と言うそうです。水泳やってなきゃ聞くこともない単語。

私は今回がはじめての長水路大会への出場でした。
感想を一言で述べると、

異様に疲れる!!

そして終了後ホッとした途端に押し寄せる止まらない空腹感。食べても食べても空腹感。

記録はこんなんでした。

50m 自由形 46.12  順位 4人中4位

50m 平泳ぎ 1:04.33 順位 3人中3位

前回の新宿区大会同様、最下位キープで。30代女子、参加者が元々少ない上に棄権者もやたら多いのが特徴。

今年の私は大会に出て完泳するだけで十分という周りからの応援には応えられたと思うので上出来です。

この大会は3位までメダルがもらえるので、3人しか出ていなければ、タイムがどんなにへぼくても完泳でメダル確定。

練習ではさんざん泳いでいたし、新宿大会後に突如上達した飛び込みも不安はほぼなく、ゴーグル外れの心配も消え、自信を持っての参加でしたが…………

最初の自由形では力みすぎで50m先が遠いのなんの。端のコースだったので、息継ぎのたびにチラ見えするプールサイドに今すぐ泳ぐの辞めて飛びつきたかった。練習でスピードに乗って泳ぐことができた時に感じた爽快感は微塵も顔を見せず。

平泳ぎはあまり練習できないままひどい状態で挑んだチャレンジ種目な上に、自由形で少しばかりあった楽勝で完泳の自信すら消え失せ、棄権したい気持ちマンマンで参加……泳げども泳げどもつかない対岸。長い1分。

この平泳ぎで測定ミスがあり、あろうことか私が48秒の1位で結果掲示。どう考えも計測ミスと分かりつつも、一位での掲示ってすごく嬉しいものなんだなと、喜びの予習ができました。

最後にでた200mフリーリレー、同じ区分で3チームしか参加しておらず、こちらも引き継ぎミスもなく完泳によりメダルを頂戴しました。

棚から牡丹餅なメダルの取り方ですが、私が運動でメダルもらうなんて想像もしなかったことなので、不思議な感じです。いずれは実力で獲得するぞ〜!

いちばんの収穫は、今回の大会で生まれてはじめて全力で体を動かすことができた気がしたこと。練習も過去二回出た大会も「全力ってどうやってだすの?」と疑問が消えなかったけど、今回はこれ以上良い動きも結果も出せなかったと思うので満足かな。

ただ、私の目標はスムーズで美しく体に無理のない動きでスピードに乗ることなので、それとは程遠い状態であることは今後の練習でがんばって良くしていこう〜

(=゚ω゚)ノ

以上、趣味の水泳日記でした。