水泳の上達は綺麗に泳ぐスイマーを真似することから

今夜は仕事を気持ち早めに終えたので、東京体育館に泳ぎに。

1週間ぶりくらいかな。今月はまだ5回くらいしか泳いでないです。明日で今月は終わりますが。早いですねー。もう11月ですって!!

で、体が凝り固まっているし、ほとんど泳いでないのでリハビリ状態です。のらりくらりと500m程だけ泳ぎました。

はじめは25mプールで、浮いたり、スカーリングしたり、360度回転しながら進んだりして水遊びを。

スカーリングが相変わらず下手くそで進みたくても進まず。上半身立たせた姿勢で浮きたくてもプールの底に沈んでゆく…。

泳ぐのが上手な人はスカーリングも上手なので、私が中級者と呼べる段階に入る時は、スカーリングでプカプカ浮かべるようになった時なのではないかと思ってます。

一定の練習量…その臨界点を超えたらできるようになるのかなあ?でも…とりあえずまた誰かに教えてもらおう。


50mプールでは、のらりくらりとクロールですが、同じ場に体育会水泳部風の男女のワカモノ達が魚のように泳いでいたので、水中に潜って泳ぎ出しの瞬間などを観察してみました……念のため言っておきますと私ヘンタイじゃないですよ!!ベンキョーさせてもらってるんです。

その泳ぎ方を見た後に、映像として思い出しながら少しでも近い姿勢になるようにマネしてみると、多少は自分の泳ぎにも変化が分かります。

何事も上達の第一歩はうまい人を真似することだと思っているので、私には良きお手本の存在は絶対に必要です。

過去にみた大会で、選手の泳いでいる姿を見て感動させられたことが何度かあります。選手の気持ちを聞いたわけではなくても、スタート台に立つ姿と泳ぎの動きから受けるイメージは強烈に心に残り、いつかは自分もあのような体の使い方ができたら最高だな、という気持ちが細々と練習を続けられるモチベーションのひとつな気がしています。

誰よりも速くはなれなくても、気持ちよく思ったように体を動かせるようにはなりたいな。そしていずれはプールだけでなく、海でも自由に遊べるくらいに…って、そこまでいくと強欲か?