さまつなことをブツクサ

こんばんわ。かたづけるひと 小林奈緒美です。

今日も世の中には微細に突っ込みたいことがいろいろありました。


百貨店が送りつけてくる大量のダイレクトメール
特に伊勢丹は種類が凄い。ありとあらゆる商品の冊子がある。そこで買い物してるからこそ届くわけだけど、そこまでの量と回数で送るか?と。


保険会社が送りつけてくるカレンダー
お客様の家でこの時期は届いた矢先から捨てることはあっても、使われてるところほとんど見たことない。

せめて、金具を使っていないものにしてくれたらな〜。カレンダーにいまだにクルクルの針金使ってるカレンダー送ってこられると、捨てるの手間すぎ。

針金を外そうとすると、ぐるぐるぐるぐるぴーん、て、針金が伸びてるだけじゃん。もう!


せめて、宛名シールが簡単に剥がせるようにしてほしい。宛名を見えないように捨てたいから、サクッと剥がさせてほしいのに、ねっちゃ〜、て、ビニールが伸びてるだけじゃん。もう!


渋谷駅でスタスタ歩く女の子の前に猛ダッシュで駆け寄って回り込んだ男性美容師、彼女の顔をチェックして冷静に歩いて戻っていくの、ひどくない?!
遠目に見て判断しようよ…

私はここんところは「占い勉強してます女」からすら声かけられなくなったけど…いいんですよ、私の話はどうでも。

今日見た中で一番気になったのは、スーツ姿の若い男性の靴下のかかとに500円玉サイズの穴が空いてたこと…。今時あんなでかい穴、小学生でもなかなか見ないから、なんだか楽しい気分になった。

今夜は冷えますなー。