今の生活に合った配置に変えるだけで収納は意外と使いやすくなる話

小林奈緒美です。かたづけるひとです。

かたづけは結構単純なことで、使っているものと使っていないものをぐるぐる巡回させることです。出したらしまう、もその動きの中のひとつ。

いらなければ家の外に出す。
まだ使う物で今は使わないものは取り出しにくい場所に移す。
よく使うものを取りやすい場所に置く。

実はそれだけのことなんですが、そこに加えて、どうやって収納したらよりたくさん入るかや、出し入れしやすいかという味付けをつけようとすると、さらにもう一歩踏み込むことになります。

もしこれらを同時にやろうとして片付けにつまづいているようでしたら、まずは物の使う頻度と配置を振り返ってみてください。部屋やクローゼットや押し入れを仁王立ちでじーーーっと眺めます。これは本当にこの位置で良いのか…?と。慣れてくると、じーーーっとが、じーっとに短くなり、いつかパッになります。

物を奥と手前、左右を入れ替えるだけでも、断然使いやすくなることがありますので、やってみる価値ありです。

季節が変わる、担当業務が変わる、趣味が変わる、ちょっとした生活の変化でも使うものや着るものも変わりますので。

ではでは。

かたづけるひと 小林奈緒美