ゴロンゴロン元旦

f:id:katadukeruhito:20160101235419j:image

今年に限ってはこの姿勢がどうしてもあのお笑い芸人・とにかく明るい安村に見えます。

本年も宜しくお願いします。
かたづけるひと 小林奈緒美です。

元旦の今日は、水泳界の明治神宮ともいえる東京・辰巳国際水泳場の無料開放日。お賽銭なしで泳げます。昨年の元旦は1人で乗り込み、そこで新たな友と出会い、それをきっかけにゴロゴロと転がるように濃ゆい一年を過ごすことになりました。

今年は…朝起きたら家でゴロンゴロンしたい気分だったので泳ぎに行きませんでした。午前中いっぱいゴロンゴロンしながら本を読んだりしたあと、都内の実家にイソイソと。

実家へ行くときの手土産は父の大好物である生クリームがこれでもかと使ってあるショートケーキかシュークリームか、それに準じるものです。

本日は西武百貨店でワッフル生地の中にたっぷりぷりっぷりの生クリームと、とどめに真ん中にカスタードクリームが入ったロールケーキにしました。

父はとにかく生クリーム命なので、前にちょっと値の張る凝ったケーキを持って行ったら生クリームが少ないと泣かれ、これよりコージーコーナーのシュークリームがいい!と言われた時は、軽くめまいが。余計な気遣い無用、相手のオーダーに忠実に…肝に銘じてそれ以降は生クリームの量を重視です。今日のケーキはとてもご満悦のようでした。

両親はおせちが好きではないので、いつもと変わらぬ食卓ですが、今年はたまたまですが、すき焼きでした。いただきもののお肉がおいしかったです。


おもむろに父から、年末ジャンボ宝くじは当たったか??と聞かれましたが、買っておりませんので当たりません…。

ただ、そのうち億単位の宝くじが当たったら、今やっている片づけのサービスを無償化して、全国津々浦々までおいしい郷土料理を食べて旅しながら片づけてまわりたいと、そんなのんきなことを考えています。


サル年の母は、今日もキーキー元気でした。赤飯と白米がたいそう好きで、老人の二人暮らしなのに5号炊きの炊飯器いっぱいに米を炊いて、炊きたてはお代わりして卵ご飯にして食べています。半分以上はラップに小分けして冷凍しながら消費しているそうですが、すぐになくなるそうです。私の大食い伝説の源流はここです…。

実家に行くと帰り際に食料品をたくさん持たせてくれるので、帰りはいつも行商のおばさんのようになります。

紙袋をもらおうと実家の紙袋置き場を開けたら、とんでもない状態になっており、使うものを選びがてら、無意識で片付けてしまいました。あまり使い道のなさそうなものは処分してもらうことにしました。

西武百貨店の紙袋は、伊勢丹三越はもちろんのこと、東急よりも紙が薄い気がします。行きしに西武百貨店に寄った時も自前の買い物袋をちゃんと活用している奥様方も複数みられたので、百貨店が紙袋の削減に真剣に取り組んでいるのかもとも思いました。

とはいえスーパー並みに1枚いくらと料金を取らない限りは効果は薄いと思いますが、分厚くて思わず紙袋ください(また何かで使いたいから)と言いたくなるような立派すぎるのもどうなんだろう…と思うわけです。

そんな元旦でした。