やっぱり紙類なのね!

過去に何度も片付けに行ったおうちからしばらくぶりに呼ばれて行き、入った瞬間にスキッと片付いていると、やはりうれしいです。

あっちに移動しただけとか、あそこにとりあえず押し込んだとか、当日に向けて色々とやってくれているみたいです。その場しのぎのことだけやったようなことを言う割には、なんかとても綺麗な感じがする。物が出てないとか見た目のこと以上に。

もう少し聞くと実はある場所は量が多すぎたから更に選定して調整したとか、最近使わなくなったから置き場所を変えてみたらすっきりしたとか工夫してるんですよ。ちゃんと部屋を隅々まで使ってる。

自分でできてるのになんで私また呼ばれたんだ〜!とおかしくて笑ってると、押し込むことになったものに原因があったようで。

紙、捨てられない人がおおいです。それでも見直さないことには変わらないから、せめて半年に一度とか、時間作ってやるしかない。やれば少しは進む。苦手だとかやりたくないとか何も考えずに、とにかく無心で内容だけを淡々と判断していく。


どうしてその書類やノートは今も取っておく必要があるのか?
どういう時に見返す可能性があるのか?
もしかすると知識として頭にしっかり入っていて、今は要らなくなっていないか?


その辺りを見返すポイントに。

がんばってね〜

かたづけるひと  小林奈緒美