片づけを頼みたくても頼めない方へ

片づけのサービスを頼んでみたいけど、いろんな事情ですぐには頼めない人、たくさんいると思います。

そういう時は、頼んだつもりで、片付ける時間を決めて、本当にその時間になったらひとりでやってみてください。

とりあえず最初は1時間でも。
ひとりだと誰も時間を強制しないので、開始と終了の時間にアラームをかけて。
やりたくないからと逃げずに、てがうごかなくても片づけをするんだと向き合うところから。
なんならついでに依頼した時にかかる料金を払ったつもりで貯金しても。

まだ私にあったことがない人は、私がどんな風に話すかもわからないし、どうやって片づけを進めるかもわからないけれども、そこは勝手に想像して。

私に依頼される方は、大半がものを捨てることが苦手な方です。

もしもあなたが、私もそうだ!と思うなら、かたづけの第一歩は捨てることからです。

なにも迷うことなく、いらんもんを処分する作業を決めた時間内で黙々とストイックにやるのみです。

その時の進みは小さくても、継続が大きな結果を作ることは、他のことの経験から既にご存知のはず。

この先、かたづけをすいすいできるようになったら、あの時の迷いはなんだったのだろう、と、きっと思う時がきますから。

処分できるものが出てきたら、捨てる前に写真に撮って記録しつづけると、後から成果を見直せます。