初めてのトレイルランニング。ヨレヨレ編。

『初めてのトレイルランニング。ヨレヨレ編』

 

f:id:katadukeruhito:20160711105043j:image

目的地に着いた時点でヨレヨレ。そこから折り返してスタート地点に戻りついた時には、音も出ないほどの存在感の薄さに。

 

水泳友達の中にトライアスロンをやっている人がいて、ある日、その人がいつも練習している山の様子をfacebookにアップしていた。

 

純粋な気持ちで、山とっても気持ちよさそうだし走るのも楽しそうー!というコメントを残したら…

 

じゃあ計画するから行くぞ〜!と言われ……断れなくなり……マジかー!!!( ゚д゚)なんてことをしてしまったんだ私は!

 

前に走ったのは、ジムに入会した2年前にランニングマシンでせいぜい6キロとか…走るの苦手なんだけど…。

 

東京・青梅の長淵丘陵、14km、2時間半。赤ぼっこ、という目的地まで行って折り返し。

 

登りは完全に歩き、下りはキツイ下り以外は小走り、という優しい内容で走ってくれたにもかかわらず、私はズタボロのヨレヨレで、ぷしゅ〜。

 

でも森の中はヒヤッとして空気もおいしい。山で遊ぶことも久しぶりだし楽しい。

 

f:id:katadukeruhito:20160711105854j:image

 

いちばんしんどかったのは、駅から森の入り口まで普通の舗装道路が片道3kmあったこと。想定外。福生より先は駅前からいきなり森だと勝手に思っていたのに…。立派な駅に着いた時の緊張感…舗装路を走り出してすぐ不安しかない。生きて帰れるのか…。信号が赤になるように念じながら走る。実際にはトボトボなペースだが、私は必死。

 

やっとのことでついた山の入口に、200段の階段。

 

f:id:katadukeruhito:20160711105014j:image

 

 帰りは…くだる…。

 

f:id:katadukeruhito:20160711105658j:image

 

ごほうび

 

f:id:katadukeruhito:20160711105709j:image

 

駅前に温泉があるので、ゆっくり休めて助かった。

 

今回は案内人の能力が高いから最後までついていけたけど、そうでなかった場合は途中で離脱していたかも。それにゴールが近づくにつれてこちらの体の動きが思うようにいかなくなって、家に帰る体力は残しつつヨレヨレというコース計画の旨さも、さすがだなあと。

 

懲りずにまた行きたい。