戸隠の森と蕎麦

長野の善光寺と戸隠に友達夫婦と旅行に行ってきました〜。

 

先輩に教えてもらって行った、 長野のバスターミナル地下にある草笛。昼に行ったらサラリーマンで埋め尽くされていました。

 

蕎麦も天ぷらも美味しくて量も食べ応えあり。

f:id:katadukeruhito:20160803103829j:image

 

山菜盛りそば最高( ^ω^ )

つゆをつけなくても本当に美味しい。

f:id:katadukeruhito:20160803103928j:image

 

 

戸隠では山本館という宿坊にお泊まり。新しく建て直したらしくとても綺麗な館内。廊下まで畳敷きで転がりたくなる〜。

宿坊って、初めて泊まったけど、普通の旅館と変わらず。それどころかご飯がとんでもなく美味しくて感激…涙

 

特製の塩をつけて食べる蕎麦は旨すぎて…いつまでも蕎麦・地酒・蕎麦・地酒…を繰り返したくなる。

 

f:id:katadukeruhito:20160803104308j:image

 

お部屋の窓から下には、水車と滝。ずーっと水の流れる音が響いて気持ち良い。なんか頭がぼーっとして、もしやこれは瞑想の境地に至れるのでは!と期待するも、次の一瞬で邪念が浮いてくる…何度か来れば鍛えられるか?

f:id:katadukeruhito:20160803104739j:image

 

この宿の裏手から湧く水で料理も風呂もまかなわれていて、お風呂のお湯はまろやか〜、湧き水汲み放題で、あまりの美味しさに、二日間ぐいぐい飲みまくってしまった。

 

その中に入るとすごい変な感じがすると、事前に知人から聞いていた通り、木が大きすぎて小人になった気分の戸隠の森。

f:id:katadukeruhito:20160803104901j:image

 

 

宿の中が隅々まで掃除が行き届いてるところや、戸隠の街の中も一般的な観光地と違いゴミが落ちていることが見当たらず、本来が観光地というより参拝に訪れる場所なんだという印象が見てわかる。

 

長野の街に降りると、確かに今までいたところが別世界のような感覚が。面白いところだなあ、戸隠。また行きたい。